ヨーロピアン&アラビックなプライベートサロン・インディバエステ

第3回 モルディブ -ビヤドゥ・アイランド・リゾート Biyadhoo Island Resort-

<モルディブ 基本情報と行き方>
インド洋の北部、スリランカの南に広がる約1200の島々からなる国で、1島1リゾートの高級ホテルが有名です。
ハネムーンやダイビングで訪れる方が多い人気のリゾートです。
日本からの行き方としては、シンガポール航空でシンガポール経由か、スリランカ航空のコロンボ経由が一般的。
ここ数年でLCCも飛び始めているのと、ホテル予約サイトでの予約も出来るようになったので、自分で手配して安く行くこともできるようになりました♪モルディブの空港は、マーレのヴェラナ国際空港。各リゾートまでは専用のスピードボートまたは水上飛行機で行きます。

今回も、全部自分で手配しての旅行でしたので、その方法をご紹介します。
モルディブ行きのLCCは、シンガポールからタイガーエアーが、クアラルンプールからはエアアジアが就航しています。
スクートは成田発で2か所を経由してモルディブに飛んでいます。

安い日程を選べば、エアアジアの羽田-マレ往復で6万円台で買えたりします!ですが、乗換え時間が良くないので結構時間がかかります・・・
日数が短い方やモルディブだけが目的地の場合には、金額は高くなりますが、スリランカ航空かシンガポール航空が便利です。

<ホテルの選び方>
モルディブは、ホテル選びが最も重要だと思っています!!
1島1リゾートのホテルが約120島もあるのです。超高級~中級まで、何を基準に選ぶのが良いのでしょう?
モルディブで一番したい事、ホテルでの過ごし方をイメージしてそれに合わせた島と環礁の中から予算に合わせて選んで頂ければと思います。
あなたはモルディブでどんな風に過ごしたいですか?(*’▽’)

第1キーワード:まずはアクティビティを考えましょう♪
1.シュノーケルは穏やかな浅瀬が好きですか?
2.足のつかないドロップオフで泳げますか?
3.ヨットやカヤックなどアクティビティをしたいですか?
4.スパは好きですか? など

第2キーワード:ホテルにかけられる予算は?
マレ(空港)から近い島(ホテル)はスピードボートでの移動になります。往復の送迎費は200ドルくらいを想定してください。
スピードボートの場合は夜でも運航しているので、当日にホテルにチェックインすることができる場合が多いです。
マレから遠い島は、水上飛行機での移動になります。往復の送迎費は600ドルくらいはかかります。
水上飛行機は夜は飛べないため、暗くなってから空港に到着した場合は、マレで1泊しないといけません。
ホテルの宿泊費に加えて、このようにホテルまでの送迎費がかかってしまうのがモルディブです。
ホテルまでの移動手段(スピードボートか水上飛行機か)と、マレの到着時間とを合わせて検討するのも良いでしょう。
モルディブのホテルは、一泊15万~1万円台まで様々です。予算がある場合には、宿泊費と移動の交通費を計算してくださいね。
(ツアーの場合には送迎も含まれた金額になっていると思いますので、自分でホテルを予約する場合に限ります。)

第3キーワード:ホテルの希望は?
A.水上コテージに泊まりたいですか?
B.大型施設が好きですか? 素朴な島が好きですか?
C.日本人スタッフが必要ですか?日本人ゲストが多い方がいいですか? など

例えば私の場合には、絶対条件が2なので、ドロップオフが近い島の中から予算に応じてホテルを選びます。
今回は日数も短いのと出来るだけ安く抑えたかったので、南マーレか北マーレのスピードボートで行ける範囲の島で探します。
そして第3キーワードについてはこだわりがないので、水上コテージではない安い部屋があるホテルにします。

ホテル選びで1つだけ注意が必要です!
モルディブはイスラム教ですので、ローカルの島やマレではお酒が提供されませんし、外では飲めません!!
1島1リゾートではない島のホテルは格安なのですが、アルコール禁止になっていますのでご注意をー

<シーズン>
昔から、1~3月が一番良いシーズンだと言われています。
12月もだいたいは晴れの日が続くのですが、今回(2018年11月下旬)は曇りと雨が多かったのです。
ダイビングスタッフの方にお聞きしたところ、今年は3~5月がベストシーズンだろうと言っていました。
年々梅雨明けが遅くなっているそうです。

<旅の日程>
11/24 夜中の便で羽田を出発
11/25 朝6:45 クアラルンプール着、スリランカ航空8:00発 コロンボ9:50着、コロンボ13:25発 マレ14:20着
11/26~29 ビヤドゥ・アイランド・リゾート
11/29 エアアジア 20:55マレ発
11/30 クアラルンプール04:25着、14:40発 羽田22:30着


スピードボートが到着する桟橋

ビヤドゥ・アイランド・リゾートの特徴は、
ドロップオフが近くて魚影が濃い!だから島の周りを自分たちだけでダイビングができちゃう!
シュノーケルでもたくさんのお魚に会えます!
そして、お値段がとってもリーズナブル♪ 水上コテージもないし、とてもシンプル(というか質素w)なお部屋だけど、泊まるだけなら十分です。
モルジブらしいリゾートホテルをお望みの方には絶対におススメできません(笑)
3名1室でしたので、エキストラベットを入れてもらいました。
3食付きで1泊1室 約2万円です!3名でですよ!格安です。そして送迎のスピードボートが1人200ドルです。

ダイビングボート

上からでのお魚がたくさん見えます♪ 透明度も抜群です。


ヨウムさんもいますー

ビヤドゥ・アイランド・リゾートは2回目なんです。前回は2016年1月末でした。
ダイビングショップのお姉さんが「あなた前にも来たことあるわよね?」と覚えていてくれました(*^^*)

2年前はダイビングしてる人もたくさんいたのですが、今回はほぼ貸し切り状態でスタッフの方も暇そうでしたw
日本人は私たちだけで、フランスやイタリアのヨーロッパ方面の方々が日長ビーチで日焼けしてます。
なぜか食事の時しか見かけない中国人の団体さん。昼間何をしてるのか不思議でした。

モルディブ3回目の今回が一番お天気が悪かったです・・・
モルディブはお天気重要だなと思いました。

長々とお読みくださりありがとうございました<m(__)m>
(昔は確か日本語だと、モルジブって書いてたのに、いつのまにモルディブになったんだろう~)


 

関連記事

PAGE TOP